激安!盗撮用小型カメラ通販の価格比較

盗撮道具、腕時計型、置き時計型、ペン型、盗撮用超小型カメラ、高画質小型カメラの通販

激安通販




どこよりも安く手に入れろ!



小型カメラ激安通販



小型カメラが業界最安値!!!


小型カメラが、

アマゾンよりも楽天よりも安く、

そして安全にお買い物ができる、

超激安通販サイト、それがスモールカメラ。



>> スモールカメラ公式HP <<




スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超小型カメラの歴史 

小型カメラの歴史をひもとくと実に約70年前に遡る。
当時、第二次世界大戦の真っ最中だった世界は
敵国の軍事力を正確に計る為の情報網の確立に
やっきになっていた。中でもアメリカとソ連は別格だった。
アメリカ、ソ連の大国はいかに他国を出し抜いて自国の利を
伸ばすかを生き馬の目をぬく如く考えて行動していた。
その中で生まれた組織が諜報部だ。
アメリカの諜報部はCIA、ソ連はKGB。
この諜報部は、圧倒的な情報収集力、分析力で
敵国を次々と骨抜きにしていった。
中国、日本、イギリス、フランス、イタリア、ドイツといった
大国には例外なくCIAとKGBのスパイが存在していた。
そんなスパイの必須アイテムが小型カメラだった。
小型カメラで敵国の要人を撮影して暗殺のターゲットにしたり、
小型カメラで軍事施設を撮影して戦力の分析をしたりと、
小型カメラは戦線の裏側で重要な役割をはたしたのだった。
終戦後はアメリカとソ連の冷戦でスパイの活躍の場が
さらに広がっていった。小型カメラの活躍の場も広がった。
CIA、KGBは従来の小型カメラを腕時計型やペン型にして
相手に撮影していると悟られないようにカモフラージュした。
現在のように、小型カメラ通販の激安店もない時代に
小型カメラはスパイ活動を通じて発展していったのだ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。